インターネット | ネットで見つけた気になる話題のニュースまとめ

インターネット

旅行先のホテルや旅館で有線を無線LANに変換できるトラベルWi-Fiルーター

  • 生活関連
  • テーマ: PC周辺機器
年末年始に家族で帰省や恋人同士で旅行なども行く方も多いのではないでしょうか。私も旅行に来ましたが、これだけネット社会と言われているのに、ホテルや旅館にネット回線がない場合やキャリアの無線LANしかない場合って結構ありますよね。そこで今回は、旅行先のホテルや旅館で有線を無線LANに変換できるトラベルWi-Fiルーターを紹介します。

スポンサーサイト

女性必見!生理日を予測してくれるネットサービス

  • 生活関連
  • テーマ: 知っておいて損はない!!
睡眠中


女性の恒例行事とも言える生理日。

この生理日をインターネットサービスが予測してくれます。
このサービスに関しては複数ご紹介しますが、携帯にメールで
生理日を知らせてくれるサービスやスマホのアプリとして
教えてくれるものもあるのでご自信で便利そうなサービスを探してみて下さい。

では早速ご紹介!!

彼氏追跡アプリ「カレログ」の正しい使い方

  • システム・ネット関連
  • テーマ: Android
29日のリリース以来、すごく話題になっていますね…


「カレログ」とは。
彼氏のスマートフォンにインストールすることにより、

GPSで居場所を特定できるほか、電池の残量も把握可能。

さらにプラチナ会員になると通話記録やアプリの一覧まで把握できてしまうという

「彼氏追跡アプリ」です。

初心者のFacebook入門-概要と政治的影響

  • システム・ネット関連
  • テーマ: 知っておいて損はない!!
最近、話題のFacebookについて詳しく知りたいというオファーが

あったので連載して行くことにする。


まずFacebookとはどんなサービスなのか?


Facebookとは

Facebook(フェイスブック)は、Facebook, Inc.の提供する、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)である。2004年にアメリカ合衆国の学生向けにサービスを開始した。当初は学生のみに限定していたが、2006年9月26日以降は一般にも開放された。日本語版は2008年に公開。13歳以上であれば無料で参加できる。実名登録制となっており、個人情報の登録も必要となっている。
公開後、急速にユーザー数を増やし、2010年にサイトのアクセス数がgoogleを抜いたとして話題になった。2011年現在、世界中に5億人を超えるユーザーを持つ世界最大のSNSになった。


Facebookの国際的展開

日本

2008年5月、インターフェイスが日本語化された。これは運営側が翻訳を行った訳ではなく、利用者がサードパーティの翻訳アプリケーションを使っての無償作業の成果であった。5月19日、CEOのマーク・ザッカーバーグが日本で記者会見を開き、翻訳に関わった利用者に感謝を示した。同日夜にはFacebookの開発者向けイベント「Facebook Developer Garage Tokyo」が東京渋谷区で開催された。
日本ではmixi、モバゲータウン、GREEなどの既存SNSや、参入してから各メディアに取り上げられたTwitterに押されて、普及が進んでおらず「フェイスブック後進国」とも呼ばれている。

日本国内の利用者数は2010年12月現在、約308万人。


中華人民共和国

中国では、Facebookへの接続規制がされており、類似サービスの人網が多くのユーザを集めている。2011年2月現在のFacebook利用者は70万人となっている。


ベトナムの政治的影響

2010年から2011年にかけてチュニジアで発生したジャスミン革命では、情報交換のためにFacebookが大きな役割を果たしている。また、2011年エジプト騒乱では4月6日運動と呼ばれるグループが大規模デモやストライキを呼びかけた。ホスニー・ムバーラク大統領は辞任に追い込まれたことから、「フェイスブック革命」と評価した者もいた。

一方では、Facebookは実名登録制なので、政府の追及から逃れるため仮名で登録した活動家に実名を要求し、あるいは実名公開を余儀なくされた活動家が当局に逮捕されるなど、活動に水を差す事態も起こった[17]。こうした制約から、実際の運動では従来の口コミやビラが主力であり、FacebookやTwitterが「デモを組織したわけではない」という指摘もされている。

(引用元:wikipedia)


wikipediaにはたくさんの情報が公開されているのでFacebookのネタでも
どんなネタでも検索すれば何かと表示される。


私がFacebookのすごいと感じる所は政治的影響でも紹介したジャスミン革命。こうした政治的影響の強いインターネットサービスは今までなかなか存在してこなかったが、「インターネットが世界を変えた」瞬間を作り上げたのである。

Facebookが世界を変えたことで当時ハーバード大学の学生だったマーク・ザッカーバーグ(Facebook創業者)は有名になり、現在に至る。


日本でもFacebookの利用者は年々加速し、現在日本で最大のSNSであるmixiにも追いつくのではないか?と騒がれているが、現状の日本ではまだまだFacebookの利用者が少なく特に女性が少ない。

しかし、最近になってFacebookがテレビや雑誌で取り上げられていることもあって登録者数は日々伸び続け、社会人のFacebook利用者が急増。また今まで懸念視していた大学生の利用や女性の利用者に関しても今後はソーシャルゲームの普及に伴い、利用者は増えると私は予測している。


いつか日本でもFacebookのドメインがメールアドレスになったりFacebookページがホームページ代わりに活用されたりと年々、変化は見られそうだ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。