独立 | ネットで見つけた気になる話題のニュースまとめ

独立

起業する前に知っておきたい10つの大事なこと

  • インタビュー・コラム
  • テーマ: 知らなきゃ損するよ


最近は私のTwitterでも起業を志すフォロワーが多くなってきており
起業することを「リスク」と考える方は減ってきていることに嬉しく思います。

起業は簡単にできるのでどんどんやってほしいし、仲間が増えると私だけではなく
周りもモチベーションが上がり、良い意味で切磋琢磨できるので非常に嬉しいです。

そこで今回は起業する前に知っておきたい10の大事なことを経験談でご紹介します。


スポンサーサイト

起業をする上で必要なアイデアと思考法

最近、友人と話をしていると『どうしてお前は起業した?』とか
『どうやってお前は起業した』などの相談を受ける事が多い。

きっかけは人それぞれあると思うが私は『独立や起業は難しくない』と
答えるのが以前のブログで書いた通りほとんどだ。

しかし、独立でも起業でも同じだがアイデアというよりは思考。そして決断が
大事だと私は常に思っていて起業であれば大半の方はすぐにでもできると思う。

コンサルタントとして独立起業するノウハウまとめ

  • ビジネスモデル
  • テーマ: ☆経営のヒント☆
近年、コンサルタントとして独立起業される方は少なくない中で、
最近は書店でも同様の内容を見つけたのでご紹介。


今回はコンサルタントとして独立起業を希望されている方向けに
記事にしてみたいと思います。

独立起業の考え方と大きな間違い

  • ビジネスモデル
  • テーマ: 起業・独立への道
さて今日は独立起業の大きな違いについて

記事にしていこうと思っていますが、最近私の周りでは

かなりの数の人間が独立したい。とか起業したい。とか

話しています。


私は独立は安易にはできないと考えていますが、起業なら

簡単にできると考えています。


独立は副業としてはほぼできません。

しかし、起業であればできるからです。


副業自体を禁止している企業が多いとよく聞きますが、

就業規則をしっかり読めば打破できる問題はもちろんあります。


たいていの就業規則では

「本業に関る事業及びそれに伴う事業に損害が生じるものを禁止する」

と書いてあるだけで起業してはいけないとは書いていない。


また、独立会社から抜けてからではないと独立とは言わないので

勘違いしている方も多いですが、実際は不可能。


副業として本業に関らないものであれば、起業してもいい!っという

わけではないが、業務時間(給料発生時間中)に副業をするから

まずいという考えはあるでしょう。


そこをうまくできるのであれば私は副業・起業は推進派。


社内でも多くの人間が副業や独立を果たす為に、日々試行錯誤で

考えて実践しているようですが、時間をわきまえれば問題ない。


では起業をするにあたって大多数が悩む点を解決しましょう。


まず起業の原則は以下と考えています。


・固定費のかからないもの

・在庫の抱えないもの

・資本の少ないもの


これだけがクリアできれば大抵の方は起業します。


まず1点目、固定費のかからないもの。


これに関しては事務所や固定電話など極力固定費のかからないものを

選択し、事業ができるのであれば必要ないと思います。


1つの例としては代理店の営業マンやアフィリエイトですね。


代理店の営業マンやプロダクションと言った事業であれば、

事務所も自宅で構いませんし、携帯電話があればクライアントからの

対応は可能になってきます。


また、アフィリエイトであれば事務所は自宅でできますし、

回線使用料の月4000円程度はかかりますが、PC1台あれば起業できます。


また、サイトを作れないという人にオススメなのがブログアフィリエイト。


ブログに記事を書いてアフィリエイトサイトのタグを貼り付ければできる

とても簡単なアフォリエイトです。


最近ではネット上にたくさんの参考書のようなサイトが転がっているので

勉強はかなり楽になったでしょう。



2点目は在庫のかからないもの。



飲食店をやりたいという人はまず、家でやりましょう。

ホームパーティーを開催し、試食会。


それであればあまった食材は自宅で調理することができますし、

家賃も別途かからないのでオススメです。



突発的に飲食店を初めても今のこの節約社会では飲食店や美容室などの

新規のお客様を増やすような仕事は正直厳しいですし、資本が必要に

なってきますので向きません。


それであれば自宅をちょっと改良して、コーヒー1杯200円とか

ランチ500円とかの小さな自宅ビジネスとして飲食店の営業許可書を

とって起業したほうがよほど効率がいいと思います。



3点目の資本の少ないもの。


よく皆さんが言われるのは独立起業いたがお金がない。


そもそもなにを目的として独立起業したいのかにもよりますが、

資本をかけないでできるビジネスは多々あります。


家庭教師はどうですが?

自分の知識と経験だけで可能です。


また、なぜ大きな資本をかけてビジネスを行いたいのか私には不明ですが

かなりの方がこのお金がない。というキーワードを使います。



全くもって必要のない大資本は頭の中から度外視し、最低限の資本で

可能なビジネスに変更すべきです。


100万円あれば大抵の独立起業は可能ですし、大抵の方の独立起業理由を聞くと

・給料が下がった

・ボーナスがない

・休みが少ない

・残業代がでない


と自分のわがまま。。。。



それなら自分で稼げる提案を自ら行い、会社に利益貢献すれば仕事の評価は

上がり、給料もあがるのではないかな?と思いますが、いかがでしょう?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。