経済 | ネットで見つけた気になる話題のニュースまとめ

経済

消費税増税で銀行のATM手数料も増加されるという話

  • 政治・経済
  • テーマ: 知っておいて損はない!!
またまた、国民の負担が上がるのではないかという話なのですが、来年の春から消費税が増税されるとのことで大手3社の三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行がATMの手数料を引き上げるとのことですが、皆さんはどう思われますか?

消費増税は本当に必要なのか? 借金と歳出のムダから考える日本財政 (光文社新書)


スポンサーサイト

日経平均株価は反発したが推移は弱い理由を予想

  • 政治・経済
  • テーマ: 時事ニュース
11月1日のNYダウは69ドル高と反発した。好調な中国のPMIを背景に高く始まり、10月のISM製造業景況指数が2年半ぶりの高水準で市場予測を上回ると一時、上昇幅が100ドルを超えたが、その後はAIGやシェブロンの決算がふるわなかったこともあり売り買いが交錯してマイナスまで下がる場面もあったが、徐々に値を戻した。

日経平均を捨てて、この日本株を買いなさい。 22年勝ち残るNo.1ファンドマネジャーの超投資法


日本の増税と問題点

  • 政治・経済
  • テーマ: 政治・経済・時事問題
先日、取り上げられた記事で野田総理が11月3日、4日でフランスのカンヌで開かれる
G20(20カ国地域首脳会合)で2010年代の半ばまでには消費税率を段階的に10%まで
引き上げる方針を27日に表明し、国際公約とすることが明らかになった。


現状、東日本大震災からの復興に向けて前向きに国民が動き出している中で増税が
行われようとしている。

保育園と幼稚園のどちらを選択するのが賢いか

  • 生活関連
  • テーマ: みんなに紹介したいこと
何度かご相談のある共働き夫婦の保育園幼稚園


あなたはどちらを選択していますか?


今日はこの共働き夫婦の教育で重要視される保育園

幼稚園について考えてみる。


そもそも最近の夫婦は共働きは少ない。

それはなぜか?

いくつか要因はある。


・自分で育てたい

・お金がない

・給料が下がっている

・ボーナスが減った

・就職がない

・子供に手がかかる


まぁ上げればたくさん出てきますが、大雑把なところで

区切らせていただくが、経済的に言えば共働きの方が

良いのは理解できると思う。


では共働きをしている夫婦に対し、保育園がいいのか

幼稚園がいいのか。


重点は2つだと思う。

・費用はどれくらいかかるか?

・働き方ははどうするか?


私の結論は保育園

では解説しましょう。


幼稚園保育園を選ぶ基準の重点を上げてみる。


幼稚園保育園の入園資格

幼稚園は満3歳以上で1年から3年の期間で入園が可能。

保育園は1歳未満の乳幼児でも入園が可能。


■幼稚園と保育園の平均年間コスト

幼稚園の平均年間コスト15万円(公立)から40万円(私立)

保育園の平均年間コスト60万円(3歳未満)から36万円(3歳以上)


■幼稚園と保育園の教育時間

幼稚園の教育時間・・・標準4時間(1日)

保育園の教育時間・・・標準8時間(1日)




上記を見ればわかると思うが、保育園での年間平均コストは

幼稚園に比べ3歳未満は4倍になる。


しかし、労働時間を見てもらいたい。

保育園の標準的な教育時間は8時間になる。


それであれば充分な働き口もあり、年間で正社員で働いても

60万円以下の所得しかない企業はないと思う。


それであれば幼稚園の4倍のコストを支払っても年間で200万円近くの

所得があれば専業主婦よりは140万円以上の所得になる。


それを考えれば同じ1年間を過ごすにあたって0円も稼げないのと

140万円の所得があったほうがいいにはわかる。


また、6歳までの平均年間コストを計算すると

幼稚園では 45万円

保育園では288万円


と一見、保育園は高く見えるが所得で考えると解決する。


幼稚園では3歳から入園させる為、平均200万円で計算すると

3歳から6歳までの3年間で計600万円になる。



保育園では0歳から入園させて、同じく平均200万円で計算し

0歳から6歳までの6年間で1200万円。



これを合計で計算しよう。

幼稚園では6歳までのコストは45万円。所得は600万円。

600万円-45万円=残り555万円。


では保育園では6歳までのコストは288万円。所得は1200万円。

1200万円-288万円=残り912万円。


どう考えても保育園ではないですか?


6年間で保育園を選択するだけで357万円も貯蓄が増え、

年間にすると約60万円違います。


これって今のこの不景気には結構大きな数字にはなると思う。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。