起業する前に知っておきたい10つの大事なこと | ネットで見つけた気になる話題のニュースまとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

起業する前に知っておきたい10つの大事なこと

  • インタビュー・コラム
  • テーマ: 知らなきゃ損するよ


最近は私のTwitterでも起業を志すフォロワーが多くなってきており
起業することを「リスク」と考える方は減ってきていることに嬉しく思います。

起業は簡単にできるのでどんどんやってほしいし、仲間が増えると私だけではなく
周りもモチベーションが上がり、良い意味で切磋琢磨できるので非常に嬉しいです。

そこで今回は起業する前に知っておきたい10の大事なことを経験談でご紹介します。




以前にも記事(独立起業の考え方と大きな間違い)にしましたが独立と起業は全くと言っていいほど
違います。基本的な私の考えでは独立は一人、起業は複数でも可という認識なので副業としても
起業はされる方は多いですが、独立というのはそう簡単にできるものではありません。

また、独立に関していうと1人作業が多いのでついサボリ気味になってしまったり途中で
投げ出してしまったりしてしまう方が多い中で、非常に継続するのが難しいのが独立です。

その反面、起業であれば最近ではノマドとかコワーキングなどという言葉も聞く機会が
増えてきたかと思います。彼らは一人での作業は当然ありますが、複数人が1つの事務所を
共有して使用することが多いのでモチベーションの維持はできますし、仕事の割り振りも可能。

今までは個人でも仕事を抱えてしまう方が多かった中で非常に良い動きだと思います。

本題ですが、「起業する前に知っておきたい10の大事なこと」ということで紹介したいと思います。


1.成果や結果に満足してくれない人も必ずいる

どれだけ自分が良いものを提供したと思っても、依頼者は自分ではありません。
自分がよいサービスを作った!これは絶対に売れる!とかこれは絶対に喜ばれる!という
絶対という保障はないのです。いいものはいいもので評価してくれる方ももちろんいますが
シンプルなものは好かれますが複雑なものは好かれません。また、面倒なものも同様に
好かれない傾向もあるので、できるだけ自分だけの発想ではなく周りの方にも意見を
求めて本当にクライアントの役立ちそうなサービスや作品、企画を提案することが効果的です。


2.優秀な社員が優秀な経営者になれるとは限らない

私の会社にもよく来ますが、「○○で営業1位を獲得しました」とか「○○で賞を取りました」など
あくまでも周りの環境があっての受賞であって自分だけの力だと勘違いしている方が多いです。

確かにそれだけのスキルがないと難しい賞なのかも知れませんが、そのスキルを作ってくれたのは
周りの環境ということに気付いていない方が自慢げに話をされても困ります。

私の思いとしては賞を受賞するのはすごいと思いますが、それはそこの基準なだけでその賞を
受賞したから起業が上手くいくということは何もありません。ましてや、経営に関しては賞などで
評価できるような技術ものではなく、経験が主にものをいうと私は思っています。


3.金銭を初めから支払う気がない顧客も当然いる

非常に残念な話なのですが、起業とは関係なくても営業をしてみるとわかりますが、
情報だけ聞き出してあとは何もなかったように金銭を払う気がそもそもない顧客もいますし、
お金は持っていても払わないとか持っていないから払わないなど様々な理由はありますが
払われないことも多いです。特に今は下請けの下請けなので働いている起業家もいるので
そう簡単に全てがうまくいくことも多くないのが現状で元請けからの仕事がなくなったという
理由で制作中、企画中、発注中だったものまで全てがキャンセルされる場合も少ないです。


4.代理店に見捨てられることもある

3にも共通しますが、無理な依頼や見込みのないものに関しては代理店は離れていきます。
代理店に対して固定の資金援助を行っているのであれば話は別ですが、代理店というのは
基本、成果報酬でやっていただく場合が多いので実際はあまり当てにしないほうが良いと
私は思っています。私もそうですが、以前NTTの光回線を2社から営業代行で依頼された際に
1社は1万円、もう1社は2万円だったので両者とも新規のクライアントだったので後者を
採用させて頂きました。このように取引が新規になる場合は特に代理店は金額の高いほうを
採用する可能性が高いですし、よほどのコネや付き合いがない限りは難しいです。

新規であればそういう話にもなるでしょうけど、取引があっても最近では金銭面での
やりくりに困っている代理店が多いので悲しいですが、以前から取引があったとしても
金銭の高い方を採用するか若しくは金銭単価を上げる交渉をしてきます。


5.顧客はスーパーマンを期待している

広告の営業なんかは特に新規の営業を行うと大半は費用対効果などの話になります。
経営者なので当然ですが、そこで適当なことをいうと話がこじれて自分の評価を下げることにも
なりかねないので止めたほうがいいでしょう。本来、費用対効果というのは活用できる方への
提案を元に作成された実績ですが、近年ではなにもしないで儲かると勘違いしたクライアントや
顧客もいますのでしっかりとした説明は必須です。また、クライアントには当然色々な方がいるので
うまく話ができずにモヤモヤな状態で喧嘩別れの様な状況にも起業当初はなる場合が多いので
そこにも注意は必要です。


6.税金やマネジメント、経営などは覚える時間がもったいない

起業当初から税金やマネジメントや経営の勉強をする方がいますが私は時間の無駄だと思います。
勉強することは非常に良いことなので否定はしませんが、あれもこれもできる方であれば良いのですが
多くの方は複数のことを同時にすることはできません。試しにブログを書きながら読書をするのと
読書だけするのとではどちらが早いか試してみて下さい。私は後者だと思います。

何より起業当初は次の収入が安定しないわけですから、自分で作り上げて行く時に他のことなど
できるわけがないのです。税金やマネジメントや経営などの勉強は期間を見て最適な時間で有効的に
行うべきだと私は思います。


7.サービスは迅速に行っても入金が支払われるのは数ヶ月後

顧客が出来た段階で、サービスやフォローは必須をなりますが実際に試験で商品を使用頂く
モニターと顧客は違います。ネットの広告媒体に関して言えばエラーや効果測定は自社では
できないのでテスト運営を行いますが、費用対効果の測定段階で金額を貰うサービスは少ないと
思っています。初めから顧客がいる起業家も少ないと思いますが、サービス開始当初から
売上が上がるサービスや商品は本当に少ないので迅速に行っても入金は数ヶ月実証してからの
話になるのが一般的です。その中でも当然のように本契約を結ぶ段階で金額次第では顧客に
ならないお客もいるので作り損ということもあるでしょう。


8.クライアントはうまく行かなかったことだけを基本的に覚えている

7とも関連するのですがモニターで使用していただいた後に本契約してくれれば良いですが
費用対効果が少ないとか期待してたものと違うと言った理由で契約まで行かないこともありますが
それより本当に費用対効果が上がって再提案に行っても以前の印象が強く契約まで行かない場合は
多くあります。飲食店の広告媒体であれば月額1万円から3万円程度が一般的な相場かと思いますが
3万円出しても100万円の売上になれば良いと思うので再提案に行っても以前の悪印象から契約には
ならないことが多いでしょう。

9.起業したばかりの数ヶ月間は無給&無休の働き詰めになる

起業したばかりでは顧客もいなければ前職の人脈しかほぼない状態なので新規で営業をかけるか
前職の紹介などで顧客を獲得するしか方法はほぼない。ただ紹介で回ればいいのだが、なかなか
紹介にも限界があるので営業は必要不可欠。大半の起業家は紹介で回っているうちに勘違いを
してしまい新規を見落としがちで紹介だけを待っていると大変なことになることが多いです。

先日にもお問合せ頂いたのですが、飲食店の経営者の方で最初はクーポンで来ていた顧客が
クーポンをなくすとこなくなった。と広告代理店としては嬉しいお話なのですが、本来は
クーポンなくても着てくれるような顧客にしなければいけませんね。

ここは独立であれば仕方ない場合ですが、起業(コワーキング)などであれば仲間の紹介や手伝いから
仕事になる可能性もあるので非常に便利な例といえるでしょう。

また、一人でやっていると営業や企画や制作や事務やと色々とやることが多くなってしまい結果、
仕事に抜けが生じたりミスに気付かなかったりと相手に迷惑をかけることが多くなります。


10.取引先や周りのフォローアップなしでは進まない

当然、顧客になった方にフォローアップしないと顧客は逃げてしまいます。

商品を買っても大半はお客様サポートってありますよね?あれは長く利用して貰うための
秘策と言えます。あのサポートがないと顧客は不安なのでサポートがあるメーカーや企業へ
簡単に取引を変えてしまうのです。またサポートだけではなく保障も同じ事が言えます。

フォローアップは非常に手間がかかるし収入にならないと考えている方も多いようですが
そこに関しては真逆でフォローアップが充実している企業や商品の取引先は多少のことが
あっても顧客は逃げないのでフォローアップは非常に重要と言えるでしょう。


最後に

起業は以前よりかなりしやすくなっていますが、最近の経済不調から不安視する方も
少なからずいることは間違いないです。ですが、「アイデアを持っている」とか
「やってみたいけどわからない」など言う方もいるのですがやってみないと実際は
なにも始まらないし、結果は見えないので週末だけでもやってみるのはいいかも知れません。

箱ビジネスでも仕事帰りによればバーくらいはできますし、従業員を2~3人雇えばそこまで
自分が動くことなくできると思いますよ。その時にはマネジメントは必要ですが開始当初は
全く知識は要らないですね。箱ビジネスに関しては半年、ネットビジネスに関しては2年継続
できればよいと言う方もいますが、全くその通りでなにも考えないで継続させるのであれば
その辺が相場だと思います。ただ夢や期待として願望があるのであれば応援しますので
ぜひ挑戦してみてください。




関連記事
      
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。