TwitterやFacebookで人気のクライアントCrowyがオープンソース化で助けを求める | ネットで見つけた気になる話題のニュースまとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TwitterやFacebookで人気のクライアントCrowyがオープンソース化で助けを求める

  • WEBサイト・WEBデザイン
  • テーマ: 知っておいて損はない!!
Crowy

ご存知の方も多いとは思うがTwitterの新APIに対応すべく
FacebookやTwitterでも人気の高いクライアントのCrowyが
オープンソース化し、サービス継続の為の協力者を求めている。



SNSクライアントのCrowyとは

CrowyはTwitterやFacebook、LinkedinなどのSNSはもちろんのこと
サイボウズやYammerなどのグループウェアのアカウントをまとめて管理できる
世界でも人気のSNSの統合クライアントと言える。

Crowyは2010年にco-meetingから公開され現在では4万人以上の
ユーザーがCrowyを利用しているようだ。


Crowyのオープンソース化の背景

運営会社のco-meetingは近年、社名やメイン事業の一つでもある
リアルタイムコラボレーションツール【co-meeting】の開発に注力し
収益化を断念しているCrowyのリソースには手が回らないとのこと。

Twitterの新APIに関しては3月5日までに改修できなければ
サービスの廃止に追い込まれることになると言うことで話題になった。

現実、ユーザー数も多いことから今回の改修ができない場合は
サービスが廃止され4万人以上のユーザーが別なクライアントを利用することになる。

その為、co-meetingはソースコードをMIT LicenseでGitHubに公開し、
誰でも自由に改修することを可能としサービス継続に力を貸して欲しいと依頼。


最後に

最近ではTwitterのAPI変更で様々なサービスが廃止されている。

要因としてはTwitterが2012年8月にAPI利用ガイドラインの厳格化が
要因とされている。今まではTwitterのサービス向上で自由なアイデアと
発想でTwitter付随サービスが運営・リリースされてきたがこの厳格化を機に
サービスが廃止されていったという経緯。

今回も同様にTwitterクライアントが無くなることで残念に思う
ユーザーも多いのではないだろうか。

ただクライアントのCrowyも開発者をオープンソース化し協力者を
求めている状態なのでできるだけ協力し、サービス継続を願う。



参照:Crowy


関連記事
      
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。