実は知らないFacebookのいいね!を減らす原因といいね!を増やす方法 | ネットで見つけた気になる話題のニュースまとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実は知らないFacebookのいいね!を減らす原因といいね!を増やす方法

  • システム・ネット関連
  • テーマ: 知っておいて損はない!!
以前にも紹介したが、FacebookからTwitterの投稿は可能。

Facebookをはじめる方へ

以前、紹介した記事はFacebookからTwitterへの投稿をする方法ということで
今回はその理由を細かく解説すると共にFacebookのいいね!を増やす方法を
紹介していく。



なぜTwitterからFacebookの投稿はいいね!がされにくいのか?

Facebookには独自のアルゴリズムがあり、Twitterにはない。

そこをまずは理解してもらいたい。

また、Facebookが有料のプロモーションを導入したことで無料投稿の範囲を狭め、
有料のプロモーションのニーズを増加させていることが要因として考えられる。

実際にFacebookへTwitterから投稿する記事とTwitterからFacebookへ投稿する記事では
閲覧者数も10倍以上変わってくる。

私の実験では同じ内容の記事でもFacebookからの投稿では106いいね!となり
Twitterからの投稿では14いいね!となりFacebookからの投稿の方が効果は高い。


どうやってFacebookに投稿したいいね!を増やすのか?

1. 友達の増加

Facebookでの友達も当然だが、オフラインでの友達も重要。
意外とFacebookをやりそうな感じがしない人もFacebookをやってたりするので
オフラインで一度聞いてみるか、Facebookのメールアドレス検索機能を使って
メールアドレスから検索するとヒットする人も多い。

そこでまずは友達を増やせばTwitterのフォロワーと同じで読者が増加するので
自分の投稿を見てもらえる可能性が一気に高まる。


2. フォロワーの増加

FacebookはTwitterと違って友達の数に5000人までという上限がある。
どういう意味合いで5000人なのか理解はできないが現実問題で考えると実際に
5000人も友達がいる人は限りなく少ないのではないだろうか。

そこでFacebookはTwitter同様にフィード購読と名前を変えて友達ではないが
Twitterのフォロワーのようにタイムラインのみを見ることができる機能を追加。

Facebookでの友達はもちろんだがこのフィード購読もいいね!を増加させるのに
重要な役割を持つことになる。


3. 写真を投稿する

いいね!が欲しい投稿には写真を添付すると効果が高い。
実際に行った実験では写真付きと写真なしでは5倍近いいいね!が写真付きでは
押されることになった。これはインパクトの問題なのかわからないが写真付きの
投稿はいいね!が押される数は圧倒的に多い。


4. 1番最初にいいね!を押す

Facebookでのいいね!を押されることを意識している人は多いと思うが
いいね!を押すことに意識している人は少ないと思う。

ただFacebookでいいね!を押すことは非常に重要な役割を持っており
その中でも1番最初にいいね!を押すことで自分の投稿を見てもらえてるという
感覚にさせることでいいね!を押した相手に印象をつけることが可能になる。


5. 突然いいね!を押す

しばらく会ってない友人や連絡の取ってない友人に突然いいね!や
メッセージを送ることで相手に再度、認識させる手法。

Facebookを止めてしまっていたら投稿もないだろうがやっている以上は
投稿をしていたりメッセージも開封確認ができるので効果は高い。

そこで再度、確認することができれば相手には印象がつくので
自分の投稿にもいいね!を押してくれる可能性が高くなる。


6. 時間やタイミングを把握する

発信型のウェブサービスを利用している人は特に重要なのがこの時間とタイミング。

ここを間違えるとたくさん投稿しても見てもらえる数は少ないので時間と
タイミングは把握することが重要。

Facebookで平日であれば勤務時間内の14時から16時くらいが私のベストタイム。
Twitterは20時以降がベストタイムとなっているがFacebookでの確認方法は
ツールがないため、オンライン中のユーザーを探すしか方法はない。

※Facebookでベストタイムを把握できるツールがあれば教えてください。


このようにいいね!を増やす方法は沢山あるが自分のFacebookの活用方法で
大きく左右される内容になっているのは記事を読むとわかると思う。

これからの時代は個人ブランディングは非常に重要になるので発信型ツールは
是非、活用して個人のブランディングを確立してもらいたい。

関連記事
      
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。