iOS開発者に迫るiMessageを使った大量スパム送信のDDos攻撃 | ネットで見つけた気になる話題のニュースまとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iOS開発者に迫るiMessageを使った大量スパム送信のDDos攻撃

  • システム・ネット関連
  • テーマ: 知っておいて損はない!!
皆さんはiOSアプリを開発したことがあるだろうか?

iOS

近年、iOSアプリの開発者がDDoS攻撃を受けているようなので
その内容を調べてみた。



最近、私の周りでもiOSアプリを作る会社はもちろんのこと個人でも
iOSアプリを作る方も増えてきた。

一般的にiPhoneを初め、アンドロイドもアプリを使って機能の拡張や便利さが
向上するのは皆さんもご存知の通り。

今までもいくつか紹介してきたようにアプリからのウィルス感染や情報流出も
少なくはないが今回はアプリ開発者が狙われているようだ。

ハッカーからすれば自分らでアプリを作成するより作ったアプリを乗っ取る方が
ユーザーも多いアプリを狙えば時間もかからず簡単なのかも知れない。

そうした攻撃を受けているのはiOSアプリの開発者。

企業であればある程度、セキュリティに関しても知識はあり対応は
できる可能性が高いが、個人でアプリ作成している方には少々重いかもしれない。

私の友人でもDDoS攻撃を受けたと話している友人がいたが大きな被害はなかったようだ。

今回の攻撃はiMessageを使った大量のスパム攻撃とのこと。

OS XのMessagesアプリを使ってAppleScriptを使用したスクリプトでの攻撃のようだが
単純とは言ってもメッセージ欄を埋め尽くしたり機能停止を行うには充分な効果があるとされている。

またテキストだけではなく絵文字を組み合わせることで大容量のデータを送り透けることも
可能になるので3G回線などには大きな被害をもたらすとも言われている。

iMessageのブロック機能は軽度な相手には有効だが今回のようなDDoS攻撃として
相手が特定できない場合には無効な機能なので自分でiMessage機能を無効にするしか
現段階では方法はないようだ。


参照:iMessageを使った大量スパム送信によるDDoS攻撃が話題に


関連記事
      
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。