Facebookで勃発する人間関係のトラブルを回避する方法 | ネットで見つけた気になる話題のニュースまとめ
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Facebookで勃発する人間関係のトラブルを回避する方法

  • まとめ
  • テーマ: 知っておいて損はない!!
以前から話題になっているFacebookで勃発する人間関係のトラブル。

Facebooklogo


トラブルの原因には多数の問題点があるようだが、今回はそんなFacebookでトラブルになる人間関係の主な原因と回避方法を紹介する。



・Facebookにて起きるトラブルの主な要因

Facebookにて起きるトラブルの主な要因は主に投稿写真や内容が多いようだ。

投稿写真ではママ友同士での食事会や懇親会に「私だけが呼ばれていない」などは友達同士でもあるとは思うが意外と多いようでFacebookでの投稿写真や投稿内容で人間関係のトラブルが発生することもある。

また、上司や同僚とのトラブルも多くありFacebookの内容を上司が確認して「Facebookに投稿する時間があるなら仕事しろ!」や「飲みに行く時間があるなら仕事しろ!」と翌日、社内でトラブルになることも少なくはない。それを見られるのが嫌になってFacebookの設定で公開設定をプライベートや友達のみに変更するとまた更にトラブルは大きくなることは予想着くと思うが、なぜか設定を変えてしまう方もおり再度、「見られて困るから設定を変えたのか?」などのように注意されることもあるというから驚きだ。



・ではどのようにFacebookでの人間関係のトラブルを回避するのか?


制限リストを活用する。

友達になっても一定の情報は見られたくないという方もいるだろう。そんな時には制限リストを活用して上司やママ友など見られたくない人には自分の投稿を見せない設定にもできるので活用することをおすすめする。

知り合いリストを活用する。

上司や見られたく方と友達になってしまっている場合には友達リストを活用しよう。友達リストにて上司や見られたく方を知り合いリストに入れて公開設定を知り合い以外の友達に設定することでプライベートの内容は上司や見られたく方に見られることはなくなる。
※投稿時に設定を変えてしまうと見られてしまうので注意が必要。


制限リストとの違いは友達になっているかなっていないか。という部分なので友達になっている場合は友達リストを活用し友達になっていない場合は制限リストを活用すると良いだろう。


このようにFacebookにしてもTwitterにしても機能を使えば上司や見られたく方にも見られない設定は標準であるのでソーシャルメディアを利用する場合にはよく設定や機能を理解しておくことをおすすめする。







関連記事
      
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。