シンガー・ソングライターの文月メイのシングル「ママ」が、過激な歌詞内容と話題に | ネットで見つけた気になる話題のニュースまとめ
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンガー・ソングライターの文月メイのシングル「ママ」が、過激な歌詞内容と話題に

  • 生活関連
  • テーマ: 子育て
シンガー・ソングライターの文月メイのシングル「ママ」が、過激な歌詞内容のため予定されていた多数のメディアで話題になっているので記事にしてみようと。



話題になっている文月メイのシングル「ママ」の歌詞には「ぼくのことが邪魔なの?」や「あのゴミ袋と一緒に捨てるの?」と言った虐待をテーマにした歌詞が話題になっているようだ。



シンガー・ソングライターの文月メイのシングル「ママ」は児童虐待がテーマ。

「ぼくのことが邪魔なの?」「どうして、ねぇママ」とギター演奏のみで子供の心境を歌う曲となっている。

今年3月にYoutubeにアップされると「涙が止まらない」などの反響があり、再生回数13万回を記録した。


文月メイは2009年から2年間、学習塾の教室長を経験し、親から虐待された経験を持つ女子高校生や母子家庭でいつも違う男性 が家にいる女児らの心の声を聞いてきた。近年、子供を殴って死なせるなど虐待事件の報道が増えているのをきっかけに作曲。

「今後も周りで起きていることに対する疑問や違和感を歌にしていく」と話している。





関連記事
      
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。