Android遠隔操作アプリが日本に流入!知っておきたいセキュリティの話 | ネットで見つけた気になる話題のニュースまとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Android遠隔操作アプリが日本に流入!知っておきたいセキュリティの話

  • システム・ネット関連
  • テーマ: 知っておいて損はない!!
トレンドマイクロ株式会社は、7~9月の脅威動向を分析したレポート「2013年第3四半期セキュリティラウンドアップ『止まらないオンライン詐欺の猛威』」をとりまとめました。トレンドマイクロ株式会社サイトよりPDFでダウンロードできます。


カスペルスキー2013マルチプラットフォームセキュリティ 3年プライベート版



日本の動向としては、“オンライン銀行詐欺ツール”や“ランサムウェア”の検出が増加していることが挙げられています。Trend Micro Smart Protection Network(SPN)によるオンライン銀行詐欺ツールの(「Zbot」ファミリー、「SpyEye」ファミリー)の検出数は8月に過去最悪の9282件の検出数になったようです。犯罪グループが本格的に日本を活動のターゲットとしてきたとみられるとトレンドマイクロ株式会社の担当者は話しています。

オンライン銀行詐欺ツールのZbotに関しては最近流行のツールで私の周りでも被害にあった方は少ないですが数名いるようで企業などは特に厳重なセキュリティが求められる時代になってきているのではないでしょうか。

企業のための情報セキュリティ  情報漏えい&不正アクセス時代の傾向と解決策

PCやファイルを操作せきないようにして身代金を要求するランサムウェアの検出台数も8月、5769件と過去最多を記録しています。9月も3336件に上っています。ランサムウェアの感染被害についても、これまで日本では見られなかったようですが、今年5月以降に報告が入るようになり、8月には過去最多の71件の感染被害報告を受けたと報告しています。

なお、報告されたランサムウェアは現在のところ英語などのものであり、日本のユーザーを狙ったものとは考えにくいとありますが真相はわかりません。しかし今後は日本語化され、実際の金銭被害につながることが懸念されるとしているとのことですが間違いは、ほぼないでしょう。

このほか、匿名ネットワーク「Tor」を悪用するバックドア「Mevade」についても、日本で大きな感染被害があったようです。日本での検出数は9月5日以降で22万件を超え、感染被害についても1日あたり120件以上の報告が集まったといわれています。トレンドマイクロでは1日15件以上の感染報告があった場合に大規模感染の警戒態勢に入るようですが、それを大きく上回り、この四半期で最も感染被害を確認した不正プログラムだったそうです。Mevadeの拡散は収束傾向にあるといっていますが、Torを悪用する不正プログラムが今後も登場する懸念があるとしています。


モバイルの脅威については、Androidを狙う不正アプリの総数が9月に100万種に到達しています。日本では“ワンクリウェア”の拡散が、正規マーケットである「Google Play」で拡大しているようです。一方、不正アプリの高機能化の流れもあり、2012年から存在が確認されている遠隔操作アプリ「AndroRat」がこの四半期には日本へ初めて流入が確認されたとしています。

Android端末が多く狙われる背景としての多くはWindowsでAndroidアプリが作れることとiPhoneとは違いGoogle playの審査が非常に甘いことがあげられます。私もいくつかテスト的にアプリを開発したことがありますが審査は容易に通りました。(すぐに消しましたが)

はじめてのAndroidアプリ開発―Android4対応版 (TECHNICAL MASTER)

アプリを作ろう!  Android入門~ゼロから学ぶアプリの作成から公開まで

ネット環境がこれだけ便利になり、益々セキュリティに関する関心は増加するのではないでしょうか。今までにもAndroidのアプリや設定など様々な記事を書いてきたが今後はこういうセキュリティに関する記事も書いていかないとダメな気がしてきたので今回はその第1弾として記事にしてみました。

関連記事
      
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。